目黒区を活性化するための考案ができる税理士

目黒区といえば、真っ先に思いつくのが「自由が丘」です。おしゃれなイメージがあり、観光客にとって魅力的な街であるとされています。

 

ファッション関連産業が増加しており、最も多い業種は卸売・小売業となっています。住宅地として発展を遂げてきた目黒区には、中小企業の数はさほど多くありません。

 

しかし、渋谷区・世田谷区・品川区といった商業地域と苦境を接しているため、目黒区の税理士はこれらの区からの依頼が多いようです。

 

そうは言っても、人口の減少が目立ち、あまり広い区域ではない目黒区は、東京23区の中でも税理士が少ないところなのではないかという印象を受けます。

 

小売店舗数・大型店舗数・コンビ二やドラッグストアの件数が少ない事も気になります。

 

区内の産業が厳しい経営環境にあるといわれており、目黒区における税理士のニーズに関しては疑問が残ります。

 

そこで、目黒区について調べてみたところ、エネルギー・環境技術の進展や電子マネーの普及など経済効果が期待されている分野が出てきているという事がわかりました。

 

また、大学の先進技術を生かした新たな企業が出現しており、大学と企業の連携によって目黒区ならではの製品開発にも期待が寄せられているということです。

 

このように、新規企業やチャレンジショップなどが今後の目黒区に活気を与える事が期待できそうです。

 

税理士においては、これらに関わるサービス業や小売業に強い税理士が求められる可能性がありそうです。

 

しかし、目黒区のサービス業や小売業については、ネット販売の普及により商店街の衰退を招いた事実があります。

 

この事から、今後の目黒区商店街に期待されていることとして、「地域住民の需要に応じた交流の場や憩いの場としての機能」が挙げられています。

 

物品販売を中心とした商店街から地域生活の場としての役割が求められます。

 

これについては、東京を含むあらゆる地域の商店街の衰退問題を解決させるための同一手段であると感じます。

 

幸いにも、目黒区は、「都心に近い」・「緑が豊か」・「お洒落なまち」としてのイメージが定着しています。

 

これらの素材や、目黒区の歴史・産業・文化を活用し、区民の交流によって目黒区の経済を振興し、「観光まちづくり」を進めて行くことができると思いました。

 

それと同時に、時代を見据えた新たな展開も求められる事になるでしょう。歴史と未来を融合させた新事業の取り組みが様々な地区で繰り広げられています。

 

ここに着目する事ができる税理士は、常に先を見ている税理士であるといえます。

 

地域住民の需要を最優先させつつも、目黒区を活性化するための考案ができる税理士なら、あらゆる面からのサポートを期待する事ができそうです。