税理士の差別化の内容を知りたい

最近ではいよいよ構造改革も本格的に進むのかという期待感が高まっています。すでに一部の大企業などでは、創業した業界から手を引き、新たな市場にシフトしているところも珍しくありません。

 

必要は発明の母との言葉の通り、産業は需要があってこそ生まれるものですし、利用者がいなければビジネスとして成り立ちません。もちろん収益性も大事です。

 

社会が変化していく中で、時には淘汰されていく産業もあるでしょうし、形を微妙に変えながら存続していくものもあるでしょう。

 

こうした波に、税理士業界も否応なしに飲み込まれていきます。以前とは税理士を取り巻く環境は大きな変化を見せています。

 

もともとが税制の改正や、顧客となる業界や各企業の変化に影響を受ける立場なので、実は安定性がある仕事に見えても、外部要因に左右されやすい面があります。

 

現在の税理士業界では、顧客の需要に対して税理士が多すぎるという飽和状態にあると言われていますが、一部当てはまらない事情もあるように感じます。

 

税理士業界は、構造的に構成年齢が高齢に偏る傾向にあります。定年がないことでベテラン税理士が多いこともありますが、税理士資格を取得した段階で、若くはないケースが多いのです。

 

そうした場合、新しく生まれてきた産業や若い起業家が求める税理士像に、応えられる人材が足りないということが考えられます。

 

その状況下では、比較的若くある程度の経験がある税理士には、引く手あまたの需要があると言うことも出来るでしょう。

 

また現在の産業構造を見ていると、どの業界でも二極化が進んでいるように感じます。地域に根付いた小規模事業であるか、大手資本の大企業による寡占が進むかのどちらかのパターンに見えます。

 

せっかくベンチャーとして有望な企業でも、あっさりと既存の大企業に吸収されたりして、目に見える形でのイノベーションにつながらないことはとても残念です。

 

依頼者となる事業者の二極化が進むことは、税理士もそれに対応していく必要があると言えるのではないでしょうか。

 

ひとつは地域密着型の税理士として、事業者の規模に関わらず、密接な関係性を保ちながら、全方位的に戦略をともに考えて事業に取り組むといったスタイルです。

 

もうひとつは近年税理士法人の設立が相次ぎ、そこへ就職する税理士が多くなっていることが表すように、スケールメリットを活かした業務スタイルを選ぶかです。

 

規模が大きいことには特有のメリットがあり、やはり依頼者の事業の規模に関わらず、貢献できる面は多いです。

 

ただし残念なことに、こうした税理士の差別化が、顧客となる事業者には伝わりにくいということです。

 

そもそも個々人の税理士の評価の基準がわかりませんし、個人事務所と税理士法人のどちらが自分の事業のサポート役として適切なのかもわかりません。

 

そこで活用したいのが税理士紹介サービスです。依頼者のカウンセリングを経て、適切と思われる税理士を候補として紹介してくれるので、効果的なサービスだと言えると思います。