神奈川の税理士が集まる横浜エリア

昔から神奈川というエリアには経験豊かなベテラン税理士から比較的若くて精力的な税理士まで色んな人たちが集まってきました。

 

中でもこの神奈川の税理士を語るうえで「横浜市」というのか欠かせない存在ということができるでしょう。なぜならこの横浜市には神奈川の中でも最多の税理士さんが集結していると言われているからです。

 

今日は少しこのことを皆さんと一緒に考えてみましょう。横浜市の税理士さんが集中する理由というのはやはりその活発な「経済」にあります。今やこの横浜市だけで総生産は13兆円に達すると言われていますね。

 

つまり他の「都道府県」と比べても遜色がないのです。この横浜市には東証一部やJASDAQに上場しているようないわゆる大手企業が沢山本社を置いています。

 

東京の近くにあることもこのような企業の誘致を可能にしているのでしょう。ではこのエリアにいる税理士さんに関してはどんなことがいえるでしょうか。

 

まずは多くのオフィスを全国に持つ大手の税理士事務所が多くなっています。そのような事務所はスタッフの数も多いのでこのエリアに集まる大企業を相手に仕事をすることことができます。

 

しかしこのような大手の税理士事務所に一つの変化が起きています。それはいったいどういうことでしょうか。

 

今まで税理士さんの報酬というのはあくまでも交渉して決めるような「有って無いような」ものでした。しかし今ではどの大手事務所も報酬の相場やその表をホームページなどで公表するようになっているのです。

 

でもどうしてこんな変化が行っているのでしょうか。それは間違いなくこのエリアで行っている「競争」が影響しています。神奈川の税理士人口というのは毎年非常に大きな勢いで増えています。

 

ですから大手の事務所といえども変化していなくては新規の顧客獲得をすることができないのです。これは税理士さんを活用する私たちにとっては本当に嬉しいことですね。

 

料金や顧問料に不安を持つことなく税理士さんに相談することができるようになるからです。

 

もちろんこの横浜市周辺には昔から小規模で税理士活動を行っているような事務所も少数ですがあるようです。

 

ぜひこのような地域ごとの税理士さんの分布や特徴というものをある程度理解するようにしましょう。それは皆さんが実際に税理士さんを選ぶときにかなり役に立つことだからです。

 

もちろん横浜市だけではなく神奈川全域の税理士さん情報もチェックしてみることにしましょう。