会社内の構造改革なら品川区の税理士へ

ここまで商業化が目立つようになる前から品川区の中小企業はこのエリアの産業を支えてきました。中には長い歴史の中で地域と共に成長してきたという会社も少なくないのではないでしょうか。

 

しかし中小企業には幾つかの「課題」というものが存在します。このエリアでは特に人材とか活力ある組織づくりが非常に難しいと言われています。つまり優秀な人材は都心の企業や大企業にヘッドハンティングされてしまったり、なかなか安定した組織図を作ることができないのです。

 

ではこの点で悩みを抱えている経営者は何をすることができるのでしょうか。実は知らない方も多いのですが、税理士はこの点で非常に優秀な組織のパートナーとなります。つまりより柔軟にどんな状況にも対応できる組織づくりを提案してくれるということなのです。

 

では税理士が具体的にどんなことをサポートしてくれるのか具体的に考えてみましょう。税理士は今までに色んな会社とその構造を見てきましたから「フラットな組織」が成長に必要不可欠なものであることを知っています。これはどういうことでしょうか。

 

これは横方向に並立する小さな組織を沢山作ってそれぞれに権限と責任を与え、自己裁量の部分を広げられるようにした組織ということです。そのようにして小さな組織がやる気を持ち、上の指示だけではなく自分たちで会社を良くしようとしていくのです。

 

税理士の仕事は実際に会社の組織がどのように機能しているのか観察するところから始まります。そしてその会社に必要なものが何かを経営者と共有し、その実現に向かって行動してくれるのです。

 

品川区の税理士事務所の中にはこのような分野でのサポート体制が厚く、クライアント企業の社員向けに疑似体験や研修を提供しているところもあります。そのようにして社員がチャレンジする場を与え、自身と信頼を持てるように励ましていくのです。

 

さらに株式会社の場合は、会社内の組織を改造するのにいくつかのステップを踏まなくてはいけないことがあります。もしかした株主総会の許可も必要になることでしょう。ですからこの点で経営者は外部から税理士のようなアドバイザーを招くことが本当に可能なのか、役員などと話し合ってみることができるのです。

 

税理士を活用することのメリットはその役割が非常にマルチなことです。会社の税務や会計に関して任せることができますし、組織の調整に関しても色んな建設的なアドバイスをしてくれることでしょう。